牛乳王子、大変です

うちのわんこの写真日記です




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

おっちょこちょい :: 2016/09/10(Sat)

2016年 夏のお話です。





SDカードを古いパソコンで99時間かけてサルベージ中に暇なので、 ←なんかもうやけくそです。

写真無しブログを更新したいと思います。






よく溝に片足を落としたり、


段差に登るときに頭をなぜか打ったり、


トイプードルちゃんと走っていて、一匹だけこけたり、


鴨を追いかけて深みにはまったり、、


ちょっとおっちょこちょい、


いや運動神経は良いのになぜか笑いの神が舞い降りる上島竜平系の牛乳王子なんですが、



この夏、いつものように川にお散歩に行った時のお話です。




子供たちは夏休みの


暑い暑い暑いそのまた暑い日で、夕方なのにまだ暑い日でした。


暑いので川で涼んだりしながら、さぁ、帰ろうかとなったとき、



牛乳王子が咄嗟に川に向かって吠えだしたのです。


牛乳王子 : ワンワンワン!

飼い主 : ?


ちょうど川には夏休み中の小学生の男の子たち5人くらいがいました。


子供たちはみんな一様に気持ちがいいくらいよく日に焼けていて、


一様に黒い半袖のウェットスーツを着て水遊びをしていた所でした。


彼らはせっかく遊んでいたのに、犬が吠えだしたのに気づき、ざわつき始めました。


さらには、



小学生 : なんで吠えてるん?



と、囲まれてしまいました。





この囲まれたところで、自分の間違いに気がついたのか、

牛乳王子 : あぅ・・・あぅ・・・(あれ?・・あれ??)

みたいな声が出ていました。




が、飼い主は途中から気がついていましたよ。









牛乳王子、間違えましたよね。







犬と。










どーベル

ドーベルマンと。




百歩譲って、色が似てたとしよう。だけど、匂いが違うんじゃ・・・



というか、犬としてそれでいいの!?というエピソードでした。



ちなみに、途中で気づいたけど、


子供たちに失礼だと思って、何で吠えているんだろうね~と濁しておきました。




追伸 : 牛乳王子は野良犬時代の悲しいトラウマ(これまた上島竜平系だけど)があるため、苦手な犬種と男の飼い主さんに対して自制できなくなるのですが、その話はシリアスな話になってしまうので、いつかできたら。そして、いつか苦手な犬でも無視できるようになったら!



スポンサーサイト


  1. お散歩
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。