牛乳王子、大変です

うちのわんこの写真日記です




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

2013年 牛乳王子が頑張ったこと(その1) :: 2014/03/01(Sat)

12月31日 年の瀬 

写真を整理しながら、フリーダムにブログ記事にしているのですが、

その写真の日付も12月31日。

2013年も最後の日になりました。

一年を振り返って(もう三月ですが。汗。) 牛乳王子ががんばったことを紹介したいと思います。


そう、一年を通じて頑張ったこと、


それは、 歯 磨 き です。

(小声で詳しく言うと、磨き手の噛まないように無抵抗で「ただ、寝転ぶ」という高度な頑張りでした。)


先日、カレンダーに載ったイケメンと紹介したのですが、

その時の元の画像があります。

はい、どん!
0721 A

この画像、とっても可愛く撮れているのですが ←触れられない親バカ

ただひとつ残念なことが。

お判りいただけますでしょうか、、


はい、さらにどん!
0721 B

歯が歯石に埋もれているのです。

このころは、歯磨きを始めてだいぶ「汚いエリア」が縮小されているのですが、

牛乳王子がうちに来た時は、これ以上に「汚いエリア」がありました。



いや~思い返せば、

一緒に暮らすようになって「歯」について、私もそんなに気にしていませんでした。

というか、牛乳王子が来た当初は歯よりも何より、この可愛らしいわんちゃんが、

「家になじめるかだろうか」
「知らない所につれてこられて帰りたいと言わないだろうか」
「どうしたら落ち着いてくれるのだろうか」
「ご飯をどうしたら食べてくれるのか」だとか
「病気や怪我をしないだろうか」とかいう漠然とした不安でいっぱいでした。

歯なんて、ハハッ!         ←!?
小さいこと気にするな!

と、思ってました。


が、散歩デビューしている時に、

「本当に2才!? それにしては歯が・・・」

と言われてしまいました。


「いや、悪気があっていったのじゃないのよ~。うちも7才でもらってきたんだけどね、近所の獣医さんにみせたら、この歯は9才かもしれないといわれたのよ~」


初めは「えっ、そんなこともあるんですか~」なんて流していたのですが、

複数の飼い主さんや川をジョギングする人に言われたので

「えっ、うちの子はそんなに…(ショック)」と、歯磨きを始める決心をしました。

というか、余裕が出て来たんだと思います。


幸いなことに、牛乳王子は口を触っても怒らない「超いい子」だったので、

あとは私の継続力… おぉ… 

もぉ…  三日坊主ではなく一日坊主の異名で呼ばれても平気な私にはとても不安でした。



(続きます。)



スポンサーサイト


テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. 歯磨き
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。