FC2ブログ

牛乳王子、大変です

うちのわんこの写真日記です




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

五月雨 :: 2016/05/28(Sat)

2016/05/26 の ジメジメしたお話です。


この日は、


0526 五月


雨雲レーダーではうっすら水色がかかっているけど傘をさすほどでもない、本当にジメジメした朝でした。

雨が嫌いな王子は布団から、なかなか出てきません。(晴れの日は起こしにくるのに。)

雨音で雨天中止を判断するのか、と思っておりましたが、

雨音しない朝も起こしに来ないので湿度計が備わっているんだろうと思います。


0526 五月 02


その上、前日が真夏日だったのでとっても蒸し暑く、大臣(飼い主)の不快指数計はマックスでした。

ということは、大臣より小さくて忍耐力のない牛乳王子は


0526 五月 03


散歩はとっても楽しいらしいです。





この日は上流の方へ歩いていきました。


0526 五月 04


するとそこには、

0526 五月 05


子鴨ちゃんたちと母鴨さんがいました。



寄ってみると、、


0526 五月 06


目視確認、3匹の子鴨ちゃん。


0526 五月 07


っと、


      えっ、、




0526 五月 09


そうよ~


0526 五月 10


・・・。


そんなこというから、カメラのフォルダから過去の写真を調べてみました。




0526 五月 08


ややこしいんですが、前のブログに書いた鴨シー付近にいたコガモちゃんたちとは違うんです。


あっちは下流で、この上流の鴨スポットの30日前の様子はこんな感じでした。


0526 五月 08b


ほら、1か月経っているのに大きさがね。全然大きくなってない!

これは、明らかに「ガモ」ですよ!


牛乳王子 「じゃあ、前の鴨一家はどこにいるですか?絶滅したですかね?」


飼い主大臣 「・・・。」
(脳内によぎるここ一か月の豪雨&豪雨、凶暴化しているカラス。そして最近、全く見ない。鴨的に飛べるようになるのは孵化してから2か月くらいらしい(by wiki)。でも、一家離散した証拠も確信もないのです。)



飼い主大臣 「きっと、成長が早く、違う場所へいっちゃったのかな~?

          それか、草むらでまだ寝ているのかな~?

          ほら、巣が快適そうに見えませんでした!?」


牛乳王子 「死んじゃったですか。」


飼い主大臣 「・・・。  いえ、見かけないだけですよ~

         あっ、これつまらないものですが。余っていた賄賂どうぞ。」


0526 五月 11
キット見カケナイダケデス。


これからも、残念ながら子鴨ちゃんの数は減っていくと思いますが。。涙。


ブログ的に「疑わしきは死滅せず」で行こうと思います。涙。涙。




スポンサーサイト

テーマ:わんことのお散歩風景☆ - ジャンル:ペット

  1. お散歩
  2. | trackback:0

だんじり :: 2016/05/09(Mon)

2016/05/04のお話です。


夕方の散歩も終わりかけたその時、


20160504 だんじり1




ちょうど地車(だんじり)に出くわしました。




20160504 だんじり2






その後、散歩も終わってご飯も食べてまったりすごしていると、



家の前を子供みこしが通ったので、牛乳王子を誘って見に行こうとしたら、



部屋にいるはずの黒い姿がなく、



えっ?あれ?んっ?と、慌てて家の外や部屋の外をさがしたら、




20160504 だんじり3



普段、あまり使っていないハウスにいました。


怒られそうになったとき、お風呂場に連れていかれそうになったとき、


避難する場所、通称パニックルーム。



もう何回か出くわしているので平気だとばかり思ってました。


というか、このところ平和すぎて、牛乳王子の怖がりなことをすっかり忘れていました。


そうですよね、何も知らないピュアわんちゃんからしたら「だんじり」なんて「なまはげ級」ですよね。


なのに部屋に一匹残してしてしまって、ごめんなさい。



来年は頑張って、二人で引っ付きあってしのぎましょう!牛乳王子!


牛乳王子 : 自分からひっつくのは好きですが、飼い主から意気揚々と引っ付かれるのは、ちょっと。。


飼い主 : えっ。。

  1. お散歩

風にも負けず :: 2016/05/07(Sat)

2016/05/04 のお話です。



保護犬の牛乳王子がうちに来てあと1か月で3年になります。


振り返れば、散歩中一番ポピュラーに思い出すのは草を食べる姿。






風1 20160504



風2 20160504



風3 20160504






もちろん、草だけでなく喉が渇けば、、、



風4 20160504




南に鴨に餌付けする人がいれば、お座りし、

西に鳩に餌付けする人がいれば、僕も鳩ですと言い、

北に喧嘩する犬がいれば、煽りに行き、

東で車のドアがスライドすれば、とりあえず乗っとくかと思い立つ、



風5 20160504




風6 20160504



風6の5 20160504




風7 20160504






うちに来て3年。






風8 20160504






フリーダムな犬に育ってしまいました。





風9 20160504



関係ありませんが、


飼い主がよく見るテレビ番組は「(カリスマドッグトレーナーの)シーザー・ミラン.」と「(美人ドッグトレーナーの)ヴィクトリアが行く」です。



無駄に意識だけ高い系です。




  1. お散歩
  2. | trackback:0

コガモの大冒険 :: 2016/05/06(Fri)

2016/05/05 こどもの日のお話です。





20160505 黄色いアイリス 1



黄色い菖蒲といったら黄色いアイリス!!


あの有名な殺人事件ですね!!


いや~飼い主は推理小説大好きなんですよ。特に海外の!


まぁ、もちろんジャンルを越えコナン君も何でも好きなんですよ。




20160505 黄色いアイリス 2
(また話が長くなるですか?)







この日もいつものように住吉川を歩いて、鴨シーのところまで来ました。



20160505 黄色いアイリス 3



人だかりが!



20160505 黄色いアイリス 4




これはもしかして、5月3日(一昨日)に生まれたばかりのあのー?



みんなが



20160505 黄色いアイリス 5



3日の夜は赤色の線状型の豪雨が通過し、


4日の散歩では鴨の親子が見つからなかったので、


辛すぎて、記憶から抹殺しようとしてました。




20160505 黄色いアイリス 6




屋外吹き曝しで水流も激しくなる住吉川で、


生まれたばかりのコガモちゃんたち生きていました。YO Alive!




20160505 黄色いアイリス 7



はい!涙。。


年を重ねるにつれ感動のラインが垂れ下がって。。。




だって、想像してください。


生まれた場所から600メートル下流で再発見ですよ。




20160505 黄色いアイリス 8


しかも、コガモも減ることなく。(目分量で)


屋外吹き曝し、小さな滝あり、豪雨で水流も激しくなる住吉川で(しつこい)。


こう言ってる最中も黒い捕食者「KARASU」が。


カラスはたぶん人が集まっているのが怖くて近づいてこないのですが、


夜になって人がいなくなったらどんな奇襲をかけてくることか。



どんなに大冒険だったか!




20160505 黄色いアイリス 9


本当に。涙。おいおいおい。涙。


最近は徒然草にでてくるナントカ上人の狛犬の話でてくる上人並に、想像で泣ける飼い主です。








  1. お散歩
  2. | trackback:0

コガモガー :: 2016/05/05(Thu)

2016年5月3日のお話です。



GWに突入し、もうすぐこどもの日。

今日も元気に



20160503 こがも 1



毎日がこどもの日状態で(当初の犬のリーダー王になる!の意気込みはどこへやら)


最近は常日頃甘やかされている5才の牛乳王子です。



今日も元気に散歩中に、、



20160503 こがも 2



怖がりな牛乳王子が、

12時の方向に人だかりを発見しました。




20160503 こがも 3



あぁ!これは!あれですね!

春から夏に向かうこの時期の住吉川の風物詩、



20160503 こがも 4


あぁぁぁぁぁ、



可愛いです。






コガモちゃんが生まれたようです。






あぁぁぁぁぁ、




可愛い。




住吉川を歩く人、みんなで時間を忘れて覗き込んでしまいました。



が、このコガモフィーバーが面白くない一匹がいました。




20160503 こがも 5


いつもは「わんちゃん可愛いね」といってくれる人も

この日は「コガモガー」とコガモフィーバー(子鴨熱)にうかれていたので、


余計に面白くない様子です。 








しかし、この日、午後から大雨予報でした。


この時もすでに赤色の線状の雨雲が九州にかかっていました。



1、2、3、、、、数十匹のコガモちゃんたち。







夜、雨音が強くなるたびに心配になりました。



あぁ、コガモガー

   あぁぁ、コガモガー





続きます。




  1. お散歩
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。